ヘルプ・お問い合わせ

3. 働いてみたくなる求人内容を書くコツ

スタンバイ事務局 -

働いてみたくなる求人内容を書くコツ

活用法1と2でお伝えしたとおり、求人タイトルとカバー画像を設定していただくと、
より求職者の方に求人ページを見てもらえるようになります。
しかし見てもらうだけでは応募にはなかなか繋がりません。
自由入力欄を活用して仕事内容や自社で働く魅力をしっかりとアピールできれば、
それは求職者の方に伝わり、応募に繋がります。
今回はそんな働いてみたくなる求人内容を書くコツをお伝えします。

 

求人内容はしっかり読まれます

求人作成画面の自由入力欄に入力された内容は、求人内容として求人ページで
以下のように表示されます。ここでは主に、仕事のなかみや求める人物像など
具体的にどのような求人なのかを記載します。
仕事を始める、変えるというのは人生において大きな決断なので
求職者の方は求人内容をしっかり読みます。
だからこそ求人内容に情報が不足していたり、当たり障りのない内容だったりすると、
求職者の方は働くイメージがわかず、判断もできないのです。

 

働く姿が具体的にイメージできることが重要

ではどのように求人内容を書けばいいのでしょうか。
求職者の方に興味をもってもらうには、
「この会社に入ったら、楽しく働ける、やりがいを感じる、成長できる」など
働く姿が具体的にイメージができるような情報を伝えることが重要です。

それをわかりやすく伝えるコツとして、以下の3つの切り口から
求人内容を書くことをオススメします。

1. 会社のなかみ

まず、どのようなことをサービスや事業をやっている会社か記載しましょう。
具体的な事業内容や特徴、これまでの歩みについて、
この求人に応募して欲しい人をイメージしながら
その人の興味を惹くように書いてみましょう。
事実だけでなく、背景にある理念やビジョンなどは、
"共感"を得るために非常に重要です。

2. 会社のみらい

これから会社がどのようなことに取り組んでいくのかを伝えましょう。
会社のみなさんが事業にかけている熱い想いや、未来へのビジョンを書いてみましょう。
自分がその未来の一員になれる、といった"ワクワク感"を伝えることができます。

3. 仕事のなかみ

実際にどのような仕事をするのか 、どのような人が活躍しているのか、
どのように仕事を進めていくのか、1日のスケジュールサンプルなど、
できるだけ求職者の方が、働いていることが具体的にイメージできる内容で書いてみましょう
どういったときに"やりがい"を感じるのかなど、
実際働いている社員の声を載せるのも効果的です。

求職者の方に自社で働く魅力を伝える文章を書くのは
最初は難しいかもしれませんが、ポイントを押さえれば誰でも書くことができます。
こんな人に来て欲しいという人を思い描きながら、その人に手紙を書くように
思いを込めて文章を書くときっと想いが伝わる内容になると思いますので、
ぜひ想いを込めて求人内容を書いてみてくださいね。

求人作成マニュアルはこちら